ホーム虫歯治療・予防歯科

文字サイズ

  • 中
  • 大

歯の痛みは早めに解決しましょう

虫歯になったら決して放置せず、早めに原宿の歯医者「原田デンタルオフィス」にご相談ください。治療の痛みを怖がり、なかなか来ていただけない方もいらっしゃいますが、3Mix法という薬材を用いて再石灰化を促す、痛みが発生しない治療法もあります。

また、もっとも適切な対策は治療以前の予防です。ブラッシングをはじめとしたセルフケアやデンタルクリーニングをして歯垢を除去、キシリトールなどを用いて虫歯の発生、進行を抑えましょう。

虫歯菌が歯を溶かす

虫歯とは、歯垢に潜む虫歯菌が歯を溶かす症状のことです。虫歯菌が食べかす中の糖分に反応して強い酸を出すことによって発生します。虫歯が疑われる状況として挙げられるのは「甘いものを食べた後で歯が痛くなった」、「歯を強く噛みしめたときにズキッとした痛みがある」といった場合です。虫歯になってしまったら、もう元に戻りません。このままでは歯がなくなってしまうばかりか、歯ぐきの神経やあごの骨まで傷めてしまうことになります。

虫歯を放置するリスク

痛かったりしみたりするといった虫歯の症状は、何もしないでいると一時的に収まることがあります。それで「虫歯が治った」と思ってしまう人がいますが、それは勘違いで、神経がダメージを受けて痛いという感覚が失われただけなのです。放っておくと歯の根元が化膿し、激痛に襲われることになります。このままでは歯を失ってしまいますので、早く治療しなければいけません。

虫歯を放っておくと次のような症状が考えられます。

  1. 1. 虫歯は自然に治ることがなく、症状が進行していく
  2. 2. 耐えられないほどの激痛に襲われる
  3. 3. 早く治療しないと、痛くてつらい治療をしなければならない
  4. 4. 状態の悪い虫歯の治療のためには何回も通院しなければいけない
  5. 5. 治療費がどんどん高額になる
  6. 6. 重い虫歯になると歯を抜かねばならず、入れ歯やインプラントを行わねばならない

NEW3Mixで虫歯治療をしています

これまで重い虫歯に対しては、神経を除去しなければなりませんでした。しかしNEW3Mix法では、歯の再石灰化を促進し、虫歯を無菌化する働きを持つ薬剤を使用し、神経を除去せずに虫歯を治します。

NEW3Mixのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 歯をあまり削らなくて済む
  • 神経を残すことができる
  • 微量の麻酔で治療ができる
  • 治療後も定期検査をしなくてはならない
  • 完治まで時間がかかる
  • 詰め物が不安定になり、外れやすくなるケースも

予防に勝る治療はありません

虫歯や歯周病になったときには早めの治療と、適切な治療が必要ですが、それよりも大切なのは虫歯予防です。きちんと予防さえしていれば、一切の治療は必要なくなるのです。そのためには自宅でしっかりとセルフケアを行い、歯科医院で定期的に予防のためのプロケアを受けることが必要です。予防歯科の考え方を持ち、真剣な気持ちで歯の健康を守るようにしてください。

キシリトールで歯の再石灰化を促しましょう

キシリトールとは、メルボルン大学のエリック・レイノルズという教授が乳製品から開発した新しい成分です。虫歯の発生、進行を抑え、歯の再石灰化を促す効果があります。ガムやキャンディの中に虫歯を予防する成分として含まれるようになり、テレビCMなどでも盛んに取り上げられるようになりました。

当院の予防メニューの紹介

当院では、歯の予防として、全歯のデンタルクリーニングを行っています。流れは以下の通りです。

【1】超音波による汚れの除去

まず、自分では落とすのが難しい歯石や汚れを超音波で除去します。痛みはありません。

【2】仕上げ磨き

専用の歯磨き粉で磨いて仕上げます。歯がツルツルになり、汚れが付くのを防ぎます。

  • 予診票
予診票と初診カウンセリングシートにあらかじめご記入の上、来院時に持参していただくと待ち時間が少なくて済み、診療がスムーズに進みます。どうかご協力をお願いいたします
  • 原宿・北参道|診療予約|原田デンタルオフィス